ネイリストになるには?元就職アドバイザーが裏事情を教えます

MENU

ネイリストになるには?元ネイリスト専門就職アドバイザーが裏事情も含めてお伝えします。

ご挨拶

当サイトにお越しくださりありがとうざいますm(__)m
管理人のヨシコと申します^^

 

今はネイル業界とは全く無関係のお仕事をしておりますが、
1年ほど前までとあるネイリストの求人サイトにて、
ネイリストさんのキャリアドバイザーをしておりました。

 

期間は3年ほどとそんなに長くはありませんでしたが、
その間、多くのネイルサロンさんと転職希望のネイリストさん、
スクールを卒業し、プロのネイリストになるために、
就職活動をしている方々と毎日接してきました。

 

その経験を活かし、このサイトでは、
現在「ネイリストになりたい!」と考えている方向けに、
具体的に、全くスキルがない状態からネイルサロンで働く
ネイリストになる方法をご紹介していきたいと思います。

 

なぜこのサイトを立ち上げたか

このサイト以外にもネイリストになる方法を詳しく説明しているサイトもあるのですが、
よく見るとあまり突っ込んだ情報がなく、どれも同じような情報に見えたことと、
実際に私がネイリストさんのキャリアドバイザーをしていた時に感じた、
ネイルサロンのオーナーさんの希望と、就職活動をしている実務未経験者
のネイリストさんの想いとのズレをみなさんに伝えたいと思ったからです。

 

また、本気でネイリストを目指している方にはぜひとも、
ネイルスクールや通信講座の卒業後の就職活動やその後も見越した上で
今後活動して頂きたいと思ったからです。

 

実情を知ってるからこそ、厳しい側面もお伝えるつもりですが、
本気でネイリストを目指している方にはしっかり読んで頂けると幸いです^^

 

では、本編のはじまります☆

ネイリストになるには?ネイルアーティストになるまでの道のり

あなたは、サロンなどでネイルをやってもらったことはありますか?
単色で塗っただけのネイルではなく、
ラメや花のモチーフなどでワンポイントを入れたネイル、
シールを使ったりいくつかのマニキュアを使ってデザインを入れたり。
派手なネイルアートを施さなくても、爪のお手入れやハンドケアなど
をしてもらってシンプルなネイルを施してもらったり。

 

指先が一気に華やかになるネイルは、テンションがグンと「アガる」アイテム。
ネイルは必須!してないなんてありえない!!という方も多いのではないでしょうか。

 

そんな「女性のキレイ」を応援するネイルアーティストに憧れを持つ女性も多く、
本業・副業問わずネイルアーティストを目指す方は多くいらっしゃいます。

 

ネイルアーティストにはどうしたらなれるのか、
ネイリストとして収入を得るまでの道のりをご紹介します。

 

・ネイリストになるための道のり・概要
いきなり独立・開業する方もいらっしゃるのも事実ですが、
大体の方は以下のような道筋を通ります。

 

1.ネイリスト検定などの資格を取得する
2.サロンに就職して技術を学ぶ
(3.独立・開業)

 

ネイリストになるには資格が必要?

ネイルがブームになった頃には、

 

「未経験の方でも独立して開業!」

 

というようなあおり文句のもと、個人サロンの開業が多く見られました。

 

その様子を見ていると、「そんなに簡単にネイリストになれるものなの?」と思いがち。
特に最近は、自宅でマシンを購入してジェルネイルを楽しんでいる方もいらっしゃり、
そのお手軽感から「センスさえあればすぐにネイリストとして開業できるのではないか」
と思っている方もいらっしゃるようです。

 

実際、ネイリストを名乗るのに資格が必須というわけではありません。
しかし、お客様側の視点で考えると、やはり自分の体の一部をケアしてもらう以上、
プロとして学び、その証明を持っている人にお願いしたいもの。

 

また、ネイリストになるためにネイルサロンに採用されるためにも、
ネイリスト検定は非常に重要なものです。
ネイルサロンの求人でも、「JNECネイリスト技能検定2級以上」
というように資格を持っている方を対象にしているものがほとんどです。

 

ネイリストとして独立開業を目指すにしても、
最初はサロンに就職して実務を通して腕を磨いたりするのが近道。
資格試験で問われる内容も、ネイリストとして知っておかなければならないことばかりなので、
ネイリストを目指すなら資格を取っておくことをおすすめします。

 

ネイリストの資格って、どんな資格?

ネイリストの資格は、現在3種類あります。
「ネイリスト技能検定試験」と「ジェルネイル技能検定試験」です。
看護師などのように国家試験があるものではないので、
絶対にどちらを受けなければいけない、ということはありません。
ただし、サロンの求人を見ると、就業条件として多く指定されているのは、
JNECの「ネイリスト技能検定試験」のようです。
また、ジェルネイル技能検定試験はジェルネイルに特化した試験になっているため、
JNECのネイリスト技能検定のプラスアルファで取得している方が多いようです。

 

ネイリストの資格の勉強はどうやってすればいい?

ネイリストの資格取得には、大きく2つの道があります。
ひとつは、「通信講座を利用して独学で学ぶ」方法。
もうひとつは、「スクールに通って勉強する」方法。

 

どちらがおすすめ、ということはありませんが、ネイリスト検定で一番上位の資格であり、
トップネイリストとして必要な知識や技術を問われるという1級を取得するには、スクールに通うのが近道です。

 

ネイルアートのプロは、アマチュアが思っている以上のことを求められます。
また、当然ながら資格の試験には実技も入ってきます。

 

そのため、プロである先生の技を直接見て学べたり、
指導を受けられるのは非常に大切なポイントなのです。

 

独学でもネイリスト検定2級以下であれば受かることができるかもしれませんが、
サロンに就職するにしても1級を持っているか、
2級しか持っていないかで待遇も大きく変わってきます。
本気でネイリストをめざすなら、スクールに通ってしっかり勉強することをお勧めします。

 

スクールの選び方は「ネイルスクールとコースの選び方|安いからという理由で選ぶと危険」にて☆

 

ネイリストへの道もスクール選びから!

これからネイルスクールを検討される方は、ぜひ本記事でお伝えした点も踏まえて気になるスクールの資料を取り寄せてみてください^^
ネイリストになるには

ピックアップ@おすすめの通うタイプのスクール

管理人がおすすめする通うタイプのスクールはヒューマンアカデミーさん。
注目すべきは検定の合格実績。ネイリスト技能検定号アック者の方の半分以上がヒューマンアカデミーさんで学んでいるのです。さらに、3級から1級まで全てにおいて合格率が全国平均を大きく上回っているのです。

もちろん全国各校JNA認定校です。

ヒューマンアカデミーさんのスクールに興味がある方は、ぜひ公式サイトをご確認ください。

=> ヒューマンアカデミーさんのネイルスクールはこちら

ピックアップAおすすめの通信講座

「通える時間がどうしてもとれない!でもネイリストになるためなら努力を惜しまない!」という方におすすめの通信スクールはこれまたヒューマンアカデミーさん。
ただDVDを見て学習するだけなく、日本ネイリスト協会本部の認定講師が実技添削をしてくれます。しかも添削回数は無制限!

2級合格保証付きなので、合格するまで何回でも学習できます。

ヒューマンアカデミーさんの通信講座に興味がある方は、ぜひ公式サイトをご確認ください。

=> ヒューマンアカデミーさんの通信講座がはこちら